www.qurantafseer.org

自己破産申立てを実行したとしても家族や親族に電話がかかるといったことはないと言えます。なので、家庭には露見してしまわないように自己破産の手続きが可能だとお思いかもしれません。ですが、現実を見ると自己破産というものを申立てる時に公的な機関から同居している親族の賃金を証する書類や金融機関の通帳の写しなどの証明書類の届け出を余儀なくされるというようなこともありますし、債権を持つ会社から家庭へ通知が来るというようなこともままありますから明らかにならないように自己破産申立てが行うことが可能だという確証はまずないと考えられます。家庭にわからないようにして後になって秘密が明らかになってしまうことに比べれば、最初から嘘偽り無しに本当のことを打ち明けて家庭の方々全員が協力し合って自己破産を乗り切る方が望ましいでしょう。一方違う場所に住んでいる家族であれば、自己破産の申立てをしたのが露見してしまうことはないと理解して間違いありません。夫/妻の支払義務を消滅させることを主眼として離縁することを考える早まったカップルもいるとのことですがまず夫婦だと書類で認められている場合でも基本的には当人が書類上の(連帯)保証人という身分ではないならば法的な義務はないと言えます。ただ、書類上の(連帯)保証人という立場になっている場合ならばもし婚姻関係の解消を実行しても民法上の責任に関しては残っていると認められるため支払義務があります。つまり、別れることを行うとしても法的な支払義務が失効するといったことはあり得ません。また、たまにサラ金業者が債務者の近親者に支払の請求を実行してしまうケースもありますが保証人ないしは連帯保証人という立場になっていないようであれば子と親や姉と妹というような家族や親族間の未返済金などの債務などについて本人以外の家族や親類に民法の上では支払に対する強制力はありません。実際は、借りたところが法的な支払い義務を負っていない近親者に向けて督促を行うのは貸金業の規制法を実施する上での政府機関の実務規則内で制限されているため、支払督促の実施方法によりますが貸金業規制法の支払督促のガイドラインにたがうことにもなります。よって法的な支払い義務を請け負っていないにもかかわらず債務を負った人の家族が支払いの請求を受けたという事実が存在するようならば債権をもつ取引先に向け取立てを直ちに止めるよう注意する内容証明の書類を出すのが良いでしょう。情けをかけて、借り手当人が可哀想だからと考えて借りた人以外の家族や親類が未返済金などの債務を肩代わりして返済してしまうようなこともありますが本人が恵まれた境遇に安心して何度も多重債務の形成を引き起こすことがあるのです。なので、本人の心情を斟酌すれば血も涙もないかもしれませんが借入者本人の努力によって負債を弁済させていくか、そういったことが非現実的であれば破産手続を行わせる方が債務をもつ本人これからのためになると思われるのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.qurantafseer.org All Rights Reserved.